柳井南中学校全校生徒対象 認知症サポーター養成講座開催

平成27年11月16日午前、柳井市内中学校で初めて、柳井南中学校で認知症サポーター養成講座を開催させていただきました。

晴天の中、法人職員10名が学校に出向き、認知症についての講義と職員有志の劇団ゆうわによる介護劇「ご飯はまだかね」を上演し認知症について正しい理解を伝える講座を開催しました。 最初は緊張しておられた中学生の皆さんも講義の中で、いろいろな質問を通し、認知症について真剣に学んでおられました。劇を通し表情も緩み、最後には笑顔も見られました。

認知症とはどんな病気なのか、何ができなくなるのか、何に困るのかなどをわかりやすくお伝えし、これからの地域を担う宝である中学生に、認知症について啓発させていただいたことは、地域にとっても明るい話題となることでしょう。

11月24日は小田小学校5年生を対象に、認知症サポーター養成講座を開催する予定となっております。これから地域の方を対象に、サポーター養成講座を開催していきたいと思っておりますので、ご希望の方はご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

«前の記事

次の記事»