サポートセンタータリアの開設記念講演会②

講演会の後、サポートセンタータリアの体験会を開催いたしました。

初めに、サポートセンタータリアは地域包括ケアシステム(住み慣れた地域で長く生活を続けるための支援)の拠点として、地域の皆様の活動・交流の場として活用して頂く地域交流センターの役割を担うものであること、また今後行う予定のサービス、健康の維持・介護予防を目指す方に向けた「健康トレーニング」「脳トレーニング」「専門職による講座」、地域の交流の場となる「カフェ」「フロアの貸し出し」、加えて「総合相談窓口」や「ボランティアサポート」の企画内容を説明いたしました。

その後グループに分かれ、5つのブースを体験して頂きました。 健康トレーニングで使用するマシンの紹介と、キネシスという動き全体のトレーニングが出来る「キネシス&マシン体験」、調理スタッフによるカフェメニューを試食しながら寛ぎの空間を体験して頂く「カフェ体験」、そして「ノルディックウォーキング体験」では、公認指導員の前田先生によるデモンストレーションを見て頂きながら、歩くだけではない総合的な活動について体験して頂きました。

また、タリアではそのスペースを利用して地域の方が主体の趣味活動や会合などを行うことができます。今回は趣味活動の例として「お菓子作り体験」を行い、和菓子(練り切り作り)と洋菓子(アイシングクッキー)に分かれて体験をして頂きました。更に「くもん&講座体験」では、くもんで行われている脳の健康教室や教室サポーターについて学んだり、ゆうわ看護スタッフによるむくみの解消方法について軽く体を動かしながら体験したりして頂きました。少人数での体験ということもあり、皆様積極的に質問されたり体験を楽しまれたりしていました。途中時間が足りず、もう少し体験させて…というお声もあり、1ブース毎の時間を急遽増やしました。お帰りの際には、作られたお菓子とお土産、そして5つの体験を完了で贈呈のタリア特製オリジナルバッグを手に「どの体験も楽しかったよ」「またやってほしい」など素敵な笑顔でお声掛けくださいました。

なお、タリアの正式オープンまでに開催されますマシンの無料体験会や限定カフェへの申し込みなどが可能な「タリア会員 仮登録」にも、参加された方の半数以上の方に登録して頂けました。仮登録につきましては、現在も申請を受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。(ゆうわホームページ内に仮登録申請フォーム及び8月の体験会スケジュールのページを作成中です) 体験会にご協力いただきました講師等の皆様にこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

  • キネシス&マシン体験指導:具志堅大作様/テクノジムジャパン
  • ノルディックウォーキング体験講師:前田敦子様/一般社団法人全日本ノルディックウォーク連盟公認指導員
  • お菓子作り体験 練り切り講師:伊藤彰二様/妹背製菓店主
  • お菓子作り体験 アイシングクッキー講師:河村友美様/アイシングクッキー教室「Liko」主催
  • くもん&講座体験 くもん講師:空閑澄男様/くもん学習療法センター
  • タリア空間プロデュース:高山恵子様/アソシエイト・ケイ・プランニング社長
  • カップケーキ:木村真美様/(有)F.D.K イタリア料理教室 la mano ウィルトンケーキデコレーションクラス主宰

«前の記事

次の記事»