Oppening officeゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石開設準備室

恒和会は地域をささえる
〝在宅介護〟の限界に挑戦していきます!

写真:社会福祉法人恒和会の新規事業のご案内

ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石のコンセプト

ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石を2021年4月に開設します。ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石では、退院支援、在宅医療、在宅看護介護、看取り、認知症ケア、介護予防、健康づくり、地域共生、多文化共生などの発信基地を目指します。恒和会のこれまで進めたきた地域包括ケアシステムをより深化させた複合施設で、病気や障がいがあっても、住み慣れたわが家、地域で暮らし続けるための支援をしていきます。「家で暮らしたい」「地域で暮らしたい」けれども、家族に迷惑をかけられないとの介護が必要な方の思い、「家で暮らしてもらいたい」「地域で暮らしてもらいたい」けれども、家庭だけの介護では願いを叶えられないとのご家族側の思い、そんな思いに寄り添い、可能な限り、在宅での生活をともに考え、最後まで住み慣れた自宅で暮らしたいというご本人とそのご家族の希望を叶えられるよう支援してまいります。

恒和会の地域をささえる在宅介護の限界への挑戦がこれから始まります。

写真:施設での様子

ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石について

2021年4月 OPEN
ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石について

2021年4月 柳井市古開作に ゆうわ総合サポートセンター サンリンク開設!

2021年4月 柳井市古開作に ゆうわ総合サポートセンター サンリンク開設!

フロア図 1F・2F

フロア図 1F・2F

フロア図 1F・2F

看護小規模多機能
サンリンク(1F)

看護小規模多機能型居宅介護の特徴と魅力

医療ニーズの高い高齢者の在宅よ療養を支えます。

看多機には在宅療養を支える4つの特徴・魅力があります。

①サービスが一体なので安心

利用者は、家に近い環境で、顔なじみの職員から、「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」の4つのサービスを一体的に受けられるため、安心です。

②利用料は月定額制が基本なので安心

看多機の利用料は、要介護度に応じた月定額制です。利用頻度や回数による増減はなく、介護費用がふくらみすぎないので安心です。
(ただし宿泊や食事に関する費用などは別途)

③医療ニーズが高い方でも安心

高度な医療が必要な人にも対応することにより、人生の最期まで、住み慣れた自宅等で暮らせるように支えます。

④柔軟にサービスを変更できて安心

利用者や家族の状況が変わった場合も、看多機のケアマネージャーが、通い、泊まり、訪問看護・介護を臨機応変に組み合わせて提供できます。急な「泊まり」や、夜間の訪問看護・介護にも対応できるため、利用者・家族にとって安心です。

サンリンクとは?

「サンリンク」は造語ですが、「サン」には太陽(Sun)と数字の3を表しています。看護、介護にかかわる人たちの太陽のような笑顔と、「リンク」には医療、看護、介護の3つの柱、そして、医療・介護、利用者、地域の3本をつなぐとの願いがこめられています。

イラスト

シェモアゆうわ(2F)

24時間365日、生活支援、介護と、緊急時や体調不良の時でも安心の看護対応可能な有料老人ホームです。
併設の定期巡回サービス・訪問看護サービスの利用で、医療ニーズの高い方のご利用も可能です。

地域交流スペース Café Mule Bulancミュールブラン(1F)

地域の皆様に気軽に焼き立てパンやお食事を楽しんでいただけるカフェ「ミュールブラン」を開設します。

イラスト:恒和会のサービス

ゆうわ総合在宅サポートセンター
土穂石建設状況はこちら

ゆうわ総合在宅サポートセンター
土穂石オープニングスタッフ求人はこちら