社会福祉法人恒和会設立15周年事業 講演会

平成26年11月22日(土)設立15周年記念事業(第3回)を開催しました。
当日は前日からの雨が心配されましたが、幸い天候に恵まれ、100名を超えるお客様にご来場いただきました。
今回は記念講演に鳥取県米子市より吉野立先生にお越しいただき、「認知症になっても、障害があっても、住みなれた自宅や地域で暮らせる“まち”づくり」と題したご講演をいただきました。吉野先生は、公益社団法人認知症の人と家族の会の常任理事を長く務められ、現在は同会の鳥取県支部代表世話人をはじめ、多方面でご活躍されておられます。認知症のお母様を10年間介護され、在宅で最期を看取ったご経験から、介護者の立場から高齢者・認知症問題の啓発と行政に対する施策要望を行うとともに、家族の心のケアにも取り組まれておられます。当日はご自身が手掛けてこられた事業内容を中心に貴重な体験談、ご提言をいただきました。

講演会に続いて、寺澤むつみ+アルファによるコンサートを開催しました。 寺澤むつみ様はフォルクローレのみならず、ラテン、タンゴ等の音楽にも精通し、本場の雰囲気や音色を表現できる高度な音楽テクニックと、フォルクローレに関する豊富な知識は高く評価されています。寺澤様は第1回の記念事業にMAYAさんのメンバーとしてもご出演いただき、今回が2回目のゆうわ苑でのステージとなります。 民族楽器ユニット「アルファ」は、二胡奏者のミキさん、アルパ奏者のタカコさんのお二人で2006年に結成されました。オリジナルコンサート以外にも、CM音楽や様々なアーティストとのコラボレーションに取組まれ、学校、病院、その他公的機関等でのコンサートも数多く開催されていらっしゃいます。二胡奏者のミキさんも、第1回の記念事業にゲスト奏者としてご出演いただき、寺澤様と同じく、本日が2度目のゆうわ苑でのステージとなります。南米や中国の民族音楽を中心に、日本の曲も組み合わせた楽曲を披露していただき、普段接することの少ない楽器の音色を皆様楽しまれていました。

また、アンコールでは、ラテン音楽歌手の河上美香様がゲストとして登場され、素晴らしい歌声を披露してくださいました。 3回目となった今回の記念事業にも多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。また、ご協力をいただきました皆様にも厚く御礼申し上げます。 次回は平成27年3月28日(土)を予定しております。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

«前の記事

次の記事»